私のHobby録

ゲーム・カメラ・アクアリウム。。。好きなことをやり、記録を残す。

週イチメンテ -栄養系ソイルは難しい

1週間経つのが早いですね。あっというまです。週イチメンテは継続しています。

以前の自分ならメンテをサボったりしていたのですが、ブログとインスタグラムを積極的に使うようになってから毎週のメンテは欠かさずやっています。

誰かに見られていると思うことって大事ですね。

Read more

週イチメンテ -引き抜かれる水草たち

日曜日にメンテをしたのですが、なまけて更新していませんでした。 遅くなりましたがメンテの様子を・・・。

ガラス面の苔の量はいつもどおり、1週間でうっすら付く程度。ガラス面を掃除して、水換えして完了。

ブセの新芽。

後景のバランサエも良く成長しています。

30センチキューブはというと、根付いていないショートヘアーグラスをサイアミーズが引き抜いてしまいます。

植えても抜かれてしまいイタチごっこが続いています。

抜かれた分を植え直して、後景のロタラもトリミング。さっぱり。

ショートヘアーグラスが根付くまでサイアミーズは引っ越しさせたほうが良さそうです。

週イチメンテ -コケは出たけど消えました

アマゾニア ライトを使用して立ち上げた30センチキューブ水槽。

栄養系ソイルを使うのが初めてなのもあって、どの程度水換えをするべきか分かりません。。。 取り敢えず、立ち上げてから週2回、水槽の半分の量を水替えしていました。

ですがそれでは足りなかったようで、前回の水換えの2日後にはコケだらけに。

アオミドロでしょうか。糸状の長いコケが増えてきました。

そこで22日にコケ取り生体を投入。

ヤマトヌマエビ3匹、オトシン・ネグロ1匹、サイアミーズ1匹を追加しました。

その結果、コケはすっかりなくなりました!

そして今日のメンテでメイン生体を投入。

以前のレイアウトでも使っていたボララス・ブリジッタエ。

陰性水草水槽に避難させていましたが、この水槽に戻しました。

ヤマトヌマエビ1匹とパイロットフィッシュとして入れていたネオンテトラ2匹は役目を終えたので陰性水草水槽に戻ってもらいました。

そろそろ週1回のメンテに変更したいのですが、まだコケの発生が読めないので、 しばらくは週2回のメンテを続けていきます。

陰性水草水槽はコケも対して発生せず良い感じです。

黒ひげコケを最後に見たのは3週間前、ガラス壁面もうっすらコケが付いているだけです。

根っこだけになっていたブセも復活して茂みのように見えてきました。

基本的に貧栄養で管理しているこの水槽ですが、クリプトとか根からの栄養を要求する水草には追肥が必要かな、と考えています。 カリウム添加とか、コケに影響を与えないと言われている追肥を検討しているのですが、以前この水槽にカリウム添加をしたところ油膜が大量に発生してしまいました。

なので、カリウムではなくその他の栄養素をまずは添加して、コケの発生具合などを見ていこうと思います。

手元にはADAのグリーンブライティ・ミネラルがあるので、こっちを添加して様子を見るつもりです。

コケ知らずで健康な水草であふれる水景にしたいですね。

週一メンテ -油膜、溶ける水草

今週は陰性水草水槽の濾過槽を掃除しました。

濾過槽を開けると写真を撮る気も失せるくらい茶色く濁った水が大量に・・・。

定期的に掃除するのが大事ですね。ブログで記録を残すようになったので、掃除する周期とかも測れそうです。

陰性水草水槽は先週からコケの増殖もなく穏やかです。今週はガラス面にコケがほぼ付いていませんでした。

手を入れたこととしては、先月イニシャルスティックを少し撒いたので、何か良い効果があったのかも。

ただ弊害として、油膜の量がすごいです。鉄バクテリアかもしれません。

水換え時に水面を掬って取り除きます。

クダガンの調子が良くて葉が大きくなってきました。今まで葉が小ぶりで、どうしてなんだろうと思っていましたが、環境が良くなかったのかもしれません。

このまま増えてほしいところ。

30センチキューブ水槽は立ち上げから1週間。

初めての栄養系ソイル使用でドキドキ。

立ち上げ翌日にpHをテトラのpHテストで測定。5.0〜5.5だったので水換え。

その後も2回ほど水換えして5.5〜6.0くらいで安定してきました。

パイロットフィッシュとして、陰性水草水槽からネオンテトラを2尾入れました。しばらくはこの2匹で水を作ってもらいます。

「スネールフリー」を目指してリセットした水槽ですが、立ち上げ翌日に「水草その前に」で処理したブセからスネールが1匹出てきました。

すぐにプチっと処理して他にもいないか探しましたが、見当たりませんでした。

葉の隙間に潜んでいたのかも・・・。それ以降スネールは見かけていませんが、注意したいところ。

30センチ またまたリセット

昨日のエントリにも書きましたが、30センチキューブをリセットしました。その様子を紹介したいと思います。

スネールだらけ

前回リセットしたのは10月ごろ。

at-athena.hatenablog.com

at-athena.hatenablog.com

リセット当初は水草の伸びも良く、水草の色も綺麗に発色していました。

ですがリセット後から2ヶ月経つと、成長が鈍化してきました。

加えてスネールの増殖にも歯止めがかからなくなってきました。

いま考えると、ソイルの栄養と水質調節機能が切れて、水草の成長が鈍化 + pHが酸性からアルカリに傾いてスネール増殖

の流れができてしまったのだと思います。

この水景を維持したままスネールを撲滅するのは無理だと悟り、思い切って再度リセットすることにしました。

水草育成に注力したい

ロタラやショートヘアーグラスは肥料食いの水草と知られています。

底床内にイニシャルスティックを仕込んでいましたが効果はなく(もしくはカリウム過剰)、今回使用した底床は吸着系ソイルのため貧栄養だったと考えられます。

以上を踏まえ、次のレイアウトでは、これらの水草を育てるために栄養系のソイルを使用するべき、と考えました。

ですが、私はアクアを趣味にしてから3年、今まで栄養系ソイルを使用したことがありません。

いつも吸着系ソイルか砂利を使用していたのです。。。

アマゾニア ライトを知る

水草を綺麗に育てるには「アマゾニア」が第一選択肢に挙がります。

ですが、立ち上げ初期はソイルから余分な栄養が滲み出し、2日に1回は水換えを行い余分な栄養分を水槽から取り除かなければなりません。

正直、そんな頻度で水換えはしたくありません・・・。

しかし、調べてみると「アマゾニア ライト」という商品があることを知りました。

www.adana.co.jp

アマゾニア・ライトは、ナチュラルなアースカラーで水景をより自然に演出。 従来のアマゾニアと同様に良質の天然黒土を使用しているので、水草を育成するネイチャーアクアリウムに適しています。

HPに記載はありませんが、栄養分もアマゾニアより少なめとのこと。

これなら栄養系ソイル初心者の自分にちょうどよい、ということで、今回はアマゾニア ライトを使用することにしました。

リセット風景

ちょうど成人の日が重なり3連休でしたので、2日に分けて作業しました。

初日は水草と生体を取り除き、ソイルも抜いてしまいます。ある程度綺麗になったら水道水を足して、使用していた機材を設置したままハイターを投入、フィルターを回します。

投入するハイターは1杯/Lで計算しました。

これで1日回してスネールを撲滅します。

生体はサテライトで水合わせをして、陰性水草水槽に入れました。

水草は「水草その前に」で処理してバケツ管理。

ソイルは前述のアマゾニア ライトとプラチナソイルのパウダータイプを使用します。 購入してからそれぞれソイルの色味が違うことに気が付きました。まぁ水草が繁茂したら分からないでしょう・・・。

ここから2日目です。

今回は岩組レイアウトに挑戦します。岩組は初めての挑戦です。

親石になる石の位置を決めて、底上げのために園芸用の赤玉土を遠景に敷きます。

アマゾニア ライトを敷きつつ石を配置。

手前から奥に山道があるように配置。視線がその部分にいくようにしました。

前景〜中景にショートヘアーグラス、エキノドルステネルスを植栽。

後景はロタラ Sp.Hraとレッドミリオフィラムを植栽。ワンポイントにブリクサ・ショートリーフ、アヌビアスナナ・プチ、ミクロソリウム・ナローリーフを配置しました。

終わりに

本当はもう少し傾斜をつけたかったのですが、雪崩が置きそうで怖かったので控えめにしました。いずれはもっと傾斜のきつい水景を作ってみたいですね。

気になることといえば、アマゾニアはアンモニアなどの栄養素が含まれているので、バクテリアが定着するまで生体を入れることができません。アマゾニアライトも同様なのか、亜硝酸をチェックしていきたいと思います。亜硝酸が検出されなくなったら生体を入れていこうと思います。

週一メンテ -スネールの脅威

いつもどおりのメンテです。

のんびり成長

陰性水草水槽

黒ひげコケが流木に出てきたので木酢液で処理。

古い葉をカットしておしまい。このまま長期維持してボリュームを出していきたいです。

スネールが大量発生

30センチキューブ水槽

画像では分からないですが、スネールが大量発生してしまいました。

精神的に耐えられないので、一度完全リセットします。

この記事の執筆時点で既にリセット済みですが、それは別記事に。

これはハイターで消毒中の画像です。

リセットの風景は今週中に投稿予定です。